会社案内COMPANY

ホーム会社案内

社長あいさつ

アイル・パートナーズ株式会社 代表取締役社長 眞鍋 康正

インターネットの普及やグローバル化、日本の地方における高齢化、少子化など、私たちの暮らしは日々大きな変化に晒されています。
数年前までは想像すらできなかったようなサービスやテクノロジーがあっという間に普及し、想像を超えるスピードで、私たちの暮らしは変化しています。

その変化の時代の中で、私たちアイル・パートナーズは、コンビニエンスストアという小売サービス業を基軸として、四国地域の皆さまの生活を支えて来ました。
コンビニエンスストアは一つ一つの店舗は小規模でありながら、全国的な店舗ネットワークに蓄積された最先端のノウハウを生かし、独立した店舗が地域に密着しながらお客様のご要望に迅速にこたえていくという、21世紀小売業・サービス業の最前線に他なりません。時代、環境、生活の変化にリアルタイムに対応できるスピード感、柔軟性、機動力は、コンビニエンスストアならではの特徴と言えるでしょう。

私たちアイル・パートナーズは、以下の3点を通じて、この地域をより豊かで便利にし、誰よりも地域の皆さまのお役に立つ企業でありたいと考えております。

  1. コンビニや各種サービスを通じて、地域の課題に真摯に向き合い、四国の皆様の豊かな暮らしと健康を支える。
  2. パートナーである店舗経営者、弊社社員にとって、学びと成長のある魅力的な職場をつくる。
  3. ことでんグループほか各種グループ企業・提携組織との連携を通じて、これからの地方社会の便利で健康な暮らし、災害に強く安心して暮らせる地域のあり方を提案する。

アイル・パートナーズ株式会社
代表取締役社長
真鍋 康正

事業概要

アイル・パートナーズ株式会社は、セブン-イレブンのフランチャイズチェーンに加盟して店舗運営を行っております。また、四国4県において新規店舗の開発・店舗経営者募集も行っており、「セブン-イレブン」のパートナーとして店舗網の拡大を目指しています。
2017年1月現在、109店の運営を当社が行っており、今後も積極的な出店を予定しております。

店舗数109店(309店・四国4県セブン-イレブン合計、※2016年10月時点) 香川県:49 徳島県:58 愛媛県:2 高知県:出店予定

アイル・パートナーズ株式会社は、セブン-イレブンのフランチャイズチェーンに加盟して店舗運営を行っております。また、四国4県において新規店舗の開発・店舗経営者募集も行っており、「セブン-イレブン」のパートナーとして店舗網の拡大を目指しています。
2017年1月現在、109店の運営を当社が行っており、今後も積極的な出店を予定しております。

店舗数109店(309店・四国4県セブン-イレブン合計、※2016年10月時点) 香川県:49 徳島県:58 愛媛県:2 高知県:出店予定

当社の取組み事例

フレンドリーコンクール(接客コンテスト)

当社とご契約いただいている店舗で働かれている従業員を対象に、毎年「フレンドリーコンクール」を開催しております。「セブン-イレブンの価値の高い商品を、上質な接客でお客様にお伝えする」というコンセプトのもと、接客技術や従業員の働く意欲向上を目的に開催しております。

移動販売(実証実験)

四国の地元企業として、地域のお客様の不便や不満を少しでも解消していきたいという考えから、2015年11月より徳島県美馬市と共同で山間部への移動販売の実証実験をおこなっております。当社契約のお店から商品を提供することで、お店・お客様双方にとってメリットのある取組みです。

フレンドリーコンクール(接客コンテスト)

当社とご契約いただいている店舗で働かれている従業員を対象に、毎年「フレンドリーコンクール」を開催しております。「セブン-イレブンの価値の高い商品を、上質な接客でお客様にお伝えする」というコンセプトのもと、接客技術や従業員の働く意欲向上を目的に開催しております。

移動販売(実証実験)

四国の地元企業として、地域のお客様の不便や不満を少しでも解消していきたいという考えから、2015年11月より徳島県美馬市と共同で山間部への移動販売の実証実験をおこなっております。当社契約のお店から商品を提供することで、お店・お客様双方にとってメリットのある取組みです。